お子さまの歯を守り、健やかな成長を促すためには、
ご家庭と歯科医院で一緒にむし歯予防に取組むことが大切です。

小児歯科

歯の健康を守り強い歯を育てましょう

子どもの歯は大人の歯と比べて、表面を覆っているエナメル質が薄いためやわらかく酸に弱いです。また、歯の表面には小さな穴がたくさん開いていて、汚れがたまりやすいのも特徴です。
そのため、むし歯になりやすく、一度なってしまうとあっという間に進行します。乳歯のむし歯を放置していると、後から生えてくる永久歯に悪い影響を及ぼします。また、顎が変形したり、精神が不安定になったりと、心身の成長を阻害することにもなりかねません。むし歯は正しくケアすれば予防することが可能です。お子さまの歯を守り、健やかな成長を促すためには、ご家庭と歯科医院で一緒にむし歯予防に取組むことが大切です。

治療について

将来生える永久歯への大事な掛け橋(顎、知能の 発達、正常な咬み合わせ)となるのです。虫歯にならないための、う蝕予防処置(シーラント)やフッ素塗布などの予防処置を積極的に取り扱っ ています。また、小児の口腔領域の発育を正しく誘導し、育成することで、健全な永久歯列と咬み合わせを成立させることも大事です。

当院では、お子様一人一人に合った恐怖心をいだかせない治療方針をとっており、安心して通院できるよう努力しております。