インプラントは、自分の歯と同様に扱うことのできるタイプの義歯です。歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を直接埋め込み、その上から人工歯を装着します。顎に固定するため、入れ歯やブリッジのように違和感なく食事や会話を楽しむことができるのが大きな特徴です。メンテナンスをしっかり行うことで、何十年と使用していただけます。

インプラント

現在の歯科医療において、歯を失った部分の治療法はインプラントが最善の治療法となる場合があります。

自然の歯のような感覚、機能、審美を得られ、他の歯を削る必要はありません。従来は部分入れ歯やブリッジと呼ばれる方法が主流で、入れ歯は咬む力が弱い、審美性に劣る、取り外しが面倒といった欠点があり、ブリッジは健康な歯を削らなければいけない、土台の歯に負担をかけ寿命を短くするといった欠点がありました。
最新のインプラント器具・設備を完備し、東京医科歯科大学と提携しております。

インプラント治療コンセプト

まず、無料カウンセリングを行います。患者様の治療において最適なインプラント治療を説明させていただき、悩みや疑問・不安などを診断結果のもとに納得いくまでカウンセリングいたします。"治療を受けるかどうかは話を聞いてから考えたい""将来的にインプラント治療に興味がある方"という方でもお気軽にご相談いただければ丁寧にお答え致します。

当院におきましては最新のインプラントシステムを数種類、用意しておりますので患者様に合う最適なインプラントを選択して、それに見合った方法にて行います。

インプラント治療は患者様のそれぞれの骨格に対して安心して行えるよう、CT撮影も必要に応じて推奨させて頂いております。当院におきましては、最新のCT機器を完備している東京医科歯科大学と連携をとり、三次元の立体画像を再構築し正確な診断のもとに、より確実なインプラントのオペを実践しております。

インプラントを快適に使い続けていただくためには、治療後の定期健診が大切です。インプラント治療完了後の1ヵ月目、3ヵ月目、6ヵ月目の術後検診にて、チェックを致します。

インプラント治療の流れ

いくら素晴らしいインプラントを埋め込んでも治療計画が悪ければ、最高の治療とは言えません。当院では顎の骨の硬さ、大きさ、失った歯の数など患者様の症状・状態をもとに正しい診査を行い、より適切な方法を計画致します。

これまでにかかったことのある病気、今の健康状態などの診査診断を致します。さらに通常のレントゲンだけではなく、CT撮影により三次元的に骨の状態を確認し、シュミレーションを行います。

麻酔により痛みを感じることなくインプラント体を骨の中に埋め込みます。

インプラント体が骨と結合するまでの期間です。通常2~3ヶ月間の治癒期間を設けます。

インプラント体と人工はを連結する支柱(アバットメント)をつくるための簡単な手術を行います。

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。その後人工歯を装着して完成となります。

インプラントで治療した部分に限らず、お口全体の衛生状態、歯周病の状態、咬み合わせの状態などを健診で確認します。